不動産買取に向いている物件と良い業者を見分けるポイントとは

2021-12-28

不動産買取に向いている物件と良い業者を見分けるポイントとは

この記事のハイライト
●不動産の売却方法「買取」と「仲介」の違いを理解する
●売却する不動産にはどのような特徴があるのか把握する
●不動産会社は会社の規模ではなく地元での実績で選ぶことが重要

不動産買取は、物件の売却方法のひとつです。
買主は不動産会社や買取業者になるため、一般的な仲介での売却と条件が異なり、適した物件とそうでない物件があります。
この記事では不動産買取に向いている物件と向いていない物件、業者選びの条件やポイントをお伝えします。
板橋区エリアで売りたい不動産をお持ちの方や買取を検討中の方は、ぜひご参考になさってください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取に向いている物件とは?

不動産買取に向いている物件とは?

まずは不動産買取に向いている物件とは、どのような不動産なのかを見ていきましょう。
冒頭でも触れましたが、不動産買取は取引相手が不動産会社や買取業者になるのが一般的です。
仲介の場合、売主の希望価格で販売活動をおこない買主を見つけていきますが、買取は不動産会社が物件を査定し、その価格に納得できれば取引が成立します。
不動産買取に向いているのは、以下のような物件です。

築年数が経過している

向いている物件としてまず挙げられるのが、築年数が経過した古い家です。
近年は中古住宅を安く購入し、リノベーションやリフォームで自分好みにカスタマイズする方が増えています。
そのため、日本においても中古の市場が活発になってきていますが、まだまだ新築や築浅の物件が好まれているのが現状です。
築年数の古い物件は仲介で売りにくく、不動産買取が向いているといえます。

立地条件や住環境が良くない

立地条件や住環境が良くない場所にある家も、不動産買取に向いているかもしれません。
駅から遠い物件や、周辺に買い物施設などがなく利便性に欠ける場合は、買主のニーズに応えられない可能性があります。
マイホームを購入する際、価格や建物の仕様だけでなく、利便性や住環境を重視する方も多いです。
価格に折り合いが付いても、内覧して立地や住環境が良くないことがわかった時点で、契約を見送られるケースもあるでしょう。
立地条件が良くない物件は、買取であれば売却できる可能性が高いといえます。

変わった形の土地

三角形や台形など変わった形の土地は、活用方法が限られるのがデメリットです。
そのためスムーズな売却を望む場合、不動産買取が向いています。
家を建てるためには、正方形や長方形といった整形地が好まれるので、仲介の場合は買主がなかなか見つからないかもしれません。

接する道路の幅員が狭い

接する道路の幅員が狭い物件も、一般的には買取が向いています。
道路が狭いと車同士がすれ違いにくくなり、車種によっては車庫入れも大変です。
道路の幅員は生活のしやすさにも影響するため、重視する方も多くいらっしゃいます。
お子さまのいるファミリーの場合、7人乗りや8人乗りの車を持つ方が多いので、ターゲットが単身者などに絞られてしまうのもデメリットです。
接する道路の幅員が狭い物件を売る際は、買取も視野に入れてみてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取に向いていない物件とは?

不動産買取に向いていない物件とは?

次に不動産買取に向いていない物件や条件を見ていきましょう。

値下げ交渉に応じられない

向いていないケースとしてまず挙げられるのが、値下げ交渉に応じられない物件です。
「なるべく高く売りたい」「買取希望価格が決まっている」という場合は、仲介での売却が適しています。
買取で物件を手放す場合、相場より安くなるのが一般的です。
そのため相場に近い価格や高値での取引は期待しないほうが良いでしょう。
売却利益を「新築住宅を建てるための資金に充当させる」という方も、向いていないかもしれません。

急いで売る必要がない

売却を急がず、ゆっくりで良い場合も不動産買取には向いていない物件に該当します。
「相続で手に入れた不動産があるけれど、すぐに売ることは考えていない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
売るための手続きや活動ができず、売却を後回しにしている方も中にはいるでしょう。
しかし、買取の大きなメリットは「即日売却も可能」という点です。
そのため売却を急いでいない場合は、相場に近い価格で売れる可能性がある、仲介を選ぶのが賢明といえます。
売却時期が決まっていないときも、仲介が適しているかもしれません。

人気の立地や利便性に優れた場所にある

人気の立地や利便性に優れた場所にある条件の良い物件は、需要があるため買取には向いていないといえます。
利便性に恵まれた立地や人気の場所にある場合、売り出しと同時に申し込みが殺到することもめずらしくありません。
そのため買取を選ばなくても、スムーズかつ高値で取引できる可能性が高いです。
仲介でも希望どおりの売却ができそうな物件は、不動産買取には向いていない家といえます。
向いていない物件を見るとわかるように、買取は仲介で売却できないときに検討するものです。
値下げ交渉に応じられない場合や急いで売る必要がないとき、人気の立地や利便性に優れた場所にある物件は、買取ではなく仲介が適しているでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

物件の不動産買取をおこなう際の条件や良い業者の見分け方は?

物件の不動産買取をおこなう際の条件や良い業者の見分け方は?

最後に物件の不動産買取をおこなう際の条件や、良い業者の見分け方をお伝えします。
不動産の売却や買取を成功させるためには、業者選びが重要といっても過言ではありません。
そのため取引の条件とともに、良い業者を見分けることが大切です。

良い業者を見分けるポイント1:免許番号をチェックする

不動産業を営む場合、宅地建物取引業の免許が必要です。
免許番号をチェックし、自治体の窓口(免許を交付したところ)で名簿を確認すれば、過去の実績や違反履歴を調べられます。
無免許で不動産業を営むのは違法になるため、免許番号をチェックすることで悪質な業者との取引を未然に防ぐことが可能です。
ちなみに免許番号に書かれているカッコ内の数字は、5年ごとに実施される免許の更新回数を示しています。
数字が大きいほど営業年数が長いので、免許番号と併せてチェックしておきましょう。

良い業者を見分けるポイント2:買取の実績が豊富かどうか

良い業者を見分けるポイントとして、買取の実績が豊富かどうかも確認した方が良いでしょう。
不動産という大きな財産を円滑に取引するためには、専門的な知識や豊富な経験が必要です。
その土地の特性や周辺相場を知り、不動産取引に関するノウハウを持ったところを選ぶのが賢明といえます。
利用者の口コミや取引実績の数をチェックすることも、良い業者を見分けるポイントのひとつです。

良い業者を見分けるポイント3:査定金額の根拠をしっかりと説明してくれる

不動産買取をおこなう際は、査定金額の根拠をしっかりと説明してくれるところを選びましょう。
複数の業者に査定依頼をした場合でも、金額に大きな差異はないといえます。
しかし、相場と大きくかけ離れている金額を提示されることがあり、その場合はなぜこの結果になったのかを確認しましょう。
納得のいく説明をしてくれない場合、その不動産会社は避けたほうが良いかもしれません。

良い業者を見分けるポイント4:売主の立場で話を聞いてくれるか

スタッフが売主の立場で話を聞いてくれるかというのも大切な条件です。
スムーズに取引するためには、不動産会社との信頼関係がポイントになるので、売主の希望や条件を、親身になって受け入れてくれるかをチェックしましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は売りたい不動産をお持ちの方や買取を検討中の方に向け、不動産買取に向いている物件と向いていない物件、業者選びの条件やポイントをお伝えしました。
仲介で売るときと条件が異なるため、向いているケースとそうでないケースがあります。
今回ご紹介した内容を参考にしていただき、不動産買取を売却方法のひとつとして検討してみてください。
私たち株式会社徳丸住宅販売は、板橋区で創業40年以上の知識と経験を元に、お客様に安心して売却・買取をしていただくよう質の高いサービスに務めております。
無料査定の受付もおこなっておりますので、板橋区で売却・買取をお考えの方はぜひ弊社までお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-981-101

営業時間
9:30 ~ 19:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ