住みながら不動産は売却できる?注意点や売却成功のコツを解説

2022-04-26

住みながら不動産は売却できる?注意点や売却成功のコツを解説

この記事のハイライト
●住みながら不動産を売却するには売り先行と呼ばれる方法がある
●居住中の不動産売却では、引っ越し先探しも並行でおこなうなどの注意点がある
●不動産売却を成功させるコツは内覧を充実させること

住宅ローンが残るマイホームなどを、住みながらでも不動産売却できる方法があることをご存じでしょうか。
売却金を住み替え費用に充てられるため、住みながらの不動産売却にはさまざまなメリットがあります。
そこで住みながら不動産を売却したいときに知っておきたい、注意点や売却を成功させるためのコツをご紹介します。
板橋区、北区で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなう方法とは?

不動産売却を住みながらおこなう方法とは?

住みながら不動産売却する方法は、売り先行とも呼ばれます。
現在の住まいを売ってから新居に引っ越すため、売却金を住み替え費用に充てられる特徴があります。
新居の購入を先におこなう買い先行では、現在の住まいが売れない期間が長く続くリスクがあるでしょう。
すると二重ローンに陥るなど、住宅費の増大が懸念されます。
しかし売り先行であれば、旧居と新居のローンを同時に返済することはありません。
また現在の住まいの売却価格が決まってから新居を購入できるため、無理のない資金計画を立てられるのもメリットの一つです。

住みながら売却するときの流れ

住みながら不動産売却するときの基本的な流れは、空室状態の物件を売るときと変わりません。
そこで一般的な流れや、手続きの方法をご紹介します。
不動産会社の価格査定を受ける
不動産会社の価格査定には、以下の2種類があります。

  • 机上査定:間取りや築年数、周辺相場などのデータを元にして査定する方法
  • 訪問査定:現地を訪問して、実際に物件を見学しながら査定する方法

見学を伴う訪問査定なら、より精度の高い査定結果を得られます。
そして価格査定と並行して、住宅ローンの残債がどのくらいあるのかも確認しておきましょう。
媒介契約の締結〜売却活動
媒介契約を締結すると、不動産会社が中心となって売却活動をおこないます。
購入希望者が現れると内覧がおこなわれるため、いつでも希望者を迎えられるように準備しておかなければなりません。
そこで内覧対応の方法について、不動産会社の担当者と相談しておくと良いでしょう。
売買契約の締結〜物件の引き渡し
売買契約が成立すると、引き渡し日までに家を明け渡す必要があります。
買主が住宅ローンを利用するなら、引き渡し日まで1か月程度の期間を見込んでおくと良いでしょう。
なお代金の決済や、法務局での所有権移転登記の手続きは、原則として平日におこなわれます。
買主とスケジュールを合わせる必要があるため、内覧の段階で引き渡し日の要望などを確認しておくのがおすすめです。

こちらの記事も読まれています|不動産の売却期間はどのくらい?長引くときの原因や対処法を解説!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を住みながらおこなうときの注意点とは?

不動産売却を住みながらおこなうときの注意点とは?

一般的に、不動産は空室状態のほうが売れやすいと言われています。
しかし住みながらの売却では、生活に必要な荷物がある分だけ部屋も狭く感じられるでしょう。
そこで、売却活動における注意点をご紹介します。

内覧対応の注意点

不動産売却を成功させるためには、内覧対応の注意点があります。
まずクローゼットや寝室なども見せる必要があるため、荷物の整理は事前に済ませておきましょう。
荷物が多い場合は、トランクルームを利用するなどしてなるべく減らしておくのがポイントです。
そして内覧予約は、前日など直前に入ることも多いようです。
そこで売却期間中は、休日を中心にスケジュールを空けておくと良いでしょう。

新居探しの注意点

売買契約が成立すれば、引き渡しまでに引っ越しを済ませなければなりません。
そこで住みながらの不動産売却の注意点として、新居探しを並行しておこなう必要がある点が挙げられます。
新居に賃貸物件を予定しているなら、賃貸借契約の締結から入居までは少なくとも2週間程度は見込んでおきましょう。
また住宅ローンを利用して購入する予定なら、売買契約の締結から引き渡しまでは1か月程度かかることもあるようです。
そのため現在の住まいの売買契約を締結したあとでは、新居への入居が間に合わないかもしれません。
場合によっては、仮住まいを用意しなければならないのが気を付けたい注意点です。

リースバックを利用するのもおすすめ

住みながら不動産売却を進めたい場合、リースバックが便利なケースもあります。
リースバックとは、自宅を不動産会社へ売却したあと、賃貸借契約を締結してそのまま住み続けられる仕組みのことです。
不動産を手放したいものの、転居はしたくない方におすすめの方法です。
あるいは売り先行での住み替えを希望している場合、じっくりと新居探しを進められるメリットがあります。
さらに買い戻し特約を付帯していれば、将来的に買い戻すことも可能です。
リースバックの注意点
リースバックで自宅を売却したあとは、毎月リース料(家賃)が発生するのが気を付けたい注意点です。
さらにこのときのリース料は、買取金額に応じて決定されます。
リース料は買取価格の10%(年額)が相場ですが、周辺の家賃相場よりも高くなるケースもあります。
また買い戻し価格は、売却価格よりも高くなるケースが多いようです。

こちらの記事も読まれています|不動産の売却期間はどのくらい?長引くときの原因や対処法を解説!

\お気軽にご相談ください!/

住みながら不動産売却を成功させるときのコツとは?

住みながら不動産売却を成功させるときのコツとは?

売買契約が成立に至るまでの内覧回数は、10件前後と言われています。
しかし10件を超えても売れない場合もあり、回数よりも内覧の質が大切であると言えるでしょう。
そこで住みながら不動産売却を成功させるために知っておきたい、売主ができる対策やコツをご紹介します。

片付け・掃除に力を入れる

内覧準備にあたり、家の掃除・片付けを徹底的におこないましょう。
荷物は少ないほうが室内を広く見せられるため、不用品を処分しておくのもおすすめです。
また生活するうえで必要な家具家電も、レイアウトを工夫すると良いでしょう。
たとえば背の高い家具は部屋の入口付近に置き、部屋の奥に向かって家具の高さが低くなるように配置します。
すると遠近法により奥行きが生まれ、部屋を広く感じさせる効果があります。
また、入念に掃除したい箇所は水回りです。
汚れがひどい場合は、専門業者によるハウスクリーニングを活用するのもおすすめです。
このほか庭やベランダ、共用スペース(集合住宅の場合)の掃除も済ませておくと良いでしょう。

土日の予定を空けておく

土日は内覧予約が入りやすいため、購入希望者のスケジュールに合わせられるように予定を空けておきましょう。
内覧の件数が増えるほど、売却が成功する可能性も高まります。
そして売主が内覧に立ち会えば、購入希望者からの質問にもその場で答えられるでしょう。
物件の魅力をアピールする機会でもあるため、なるべく内覧には立ち会えるようにするのが成功のコツです。
なお内覧の最中は別室で待機しておくなど、購入希望者が気兼ねなく見学できるような配慮も重要です。

資料を事前に準備しておく

購入希望者へ渡す資料は、事前に準備しておきましょう。
住みながらの不動産売却では、以下の資料があると喜ばれます。

  • 新築時の資料(パンフレット、設備・仕様がわかるもの)
  • 室内の寸法がわかる資料(間取り図など)
  • 過去の修繕・リフォーム履歴がわかる資料

これらの資料がない場合も、わかる範囲で物件に関する情報をまとめておきましょう。
丁寧な資料があれば、購入希望者にも良い印象を与えられます。

こちらの記事も読まれています|不動産の売却期間はどのくらい?長引くときの原因や対処法を解説!

まとめ

住みながら不動産売却を成功させるコツは、内覧の質を上げることが大切です。
室内の清掃や片付け、資料の準備など売主側でできることも多くあります。
そこで信頼できる不動産会社と相談しながら、売却活動を進めていくのがポイントです。
徳丸住宅販売では、板橋区、北区で価格査定依頼を受け付けております。
住みながら不動産売却をご希望の方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-981-101

営業時間
9:30 ~ 19:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ