不動産の「買取」とはどんな仕組み?仲介との違いやメリットを解説

2022-04-26

不動産の「買取」とはどんな仕組み?仲介との違いやメリットを解説

この記事のハイライト
●不動産売却における「買取」と「仲介」との違いには、不動産会社が買主になる点が挙げられる
●買取なら短期間で不動産を現金化できるメリットがある
●どのような物件にも対応しているわけではないのが買取のデメリット

不動産売却の方法には、「買取」と「仲介」の2種類があることをご存じでしょうか。
買取では不動産会社が買主になるため、個人の買い手が見つかりにくい物件でも売却できる可能性が広がります。
そこで買取とはどのような仕組みなのか、仲介との違いやメリット・デメリットを確認していきましょう。
板橋区、北区周辺で不動産売却をご希望の方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取と仲介との違いとは?

不動産の買取と仲介との違いとは?

一般的な不動産売却の方法は、不動産会社と媒介契約を結んで買主を募る「仲介」です。
この場合、買主は一般の方が中心です。
そして仲介により売買契約が成立すると、不動産会社には仲介手数料を支払います。
一方で不動産会社が直接買い取る、「買取」という方法もあります。
仲介とのおもな違いは、不動産会社と直接交渉して価格などを決めるため、売却活動が不要な点です。
そして交渉がまとまればすぐに売買契約を締結できるので、売却活動にあまり時間をかけたくない方に向いています。
また周囲に気付かれずに不動産を売りたい方や、相続で取得した不動産のように遠方にある物件を売りたい方にもおすすめの方法です。
この買取には、「即時買取」と「買取保証」の2種類があります。

即時買取とは?

即時買取とは、不動産会社との価格交渉がまとまり次第、すぐに取引が成立する方法のことです。
早ければ数日、長くても1か月ほどで不動産売却できる特徴があります。
仲介による不動産売却との大きな違いに、内覧対応が不要な点も挙げられるでしょう。
基本的なやりとりは不動産会社の担当者に限られるため、購入希望者とのスケジュール調整に悩まされることもありません。

買取保証とは?

買取保証とは、仲介による売却と即時買取を組み合わせたようなタイプの売却方法です。
まずは一定期間、仲介による不動産売却を目指します。
そして予定していた期間内に売買契約が成立しなかった場合に、不動産会社が買い取る仕組みです。
売却活動にかかる平均的な期間は3か月程度と言われていますが、実際はこれよりも長引くケースは珍しくありません。
そこで事前に買取保証を取り決めておけば、売却活動の長期化を防げるでしょう。
仲介による売却を希望しているものの、売却活動にあまり時間をかけられない方におすすめの方法です。

こちらの記事も読まれています|不動産買取に向いている物件と良い業者を見分けるポイントとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で買取を利用するメリットとは?

不動産売却で買取を利用するメリットとは?

買取による不動産売却は、仲介にはないメリットがあります。
まず一つに、少ない時間や手間で売却できるのが大きなメリットです。
そのほかにどのようなメリットがあるのか、おすすめポイントとともに確認していきましょう。

すぐに不動産売却できる

不動産会社が買主となる買取は、すぐに不動産売却できるのがメリットです。
売却にあたり複雑な手続きがあっても、基本的には不動産会社に任せられます。
そのため、スムーズに売却を進められるのも買取のメリットです。
一方の仲介による不動産売却では、買主が住宅ローンを利用する場合は審査に少なくとも1週間~1か月程度かかります。
さらに買主との間で、引き渡し日などのスケジュールも調整する必要があります。
そもそも買主が現れるタイミングがわからないため、直前にならないと引き渡し・代金決済のスケジュールは確定しません。
しかし買取であれば、早ければ数日~1週間程度で現金化できます。

内覧対応が不要

仲介による不動産売却では、購入希望者が内覧に訪れるのが一般的です。
そのため売却活動中は、不特定多数の購入希望者が自宅へ出入りすることになります。
住みながらの不動産売却なら、その度に室内の片付けなどの内覧準備をしなければなりません。
さらに内覧に立ち会うなら、内覧予約の入りやすい休日はいつでも都合を付けられるようにしておく必要があるでしょう。
しかし買取であれば、不動産会社の担当者が訪れるのは価格査定(訪問査定)のときです。
そのため仲介と比較して、内覧対応の手間を少なくできるのがメリットの一つです。

仲介手数料がかからない

仲介による不動産売却では、売買契約が成立すると不動産会社に仲介手数料を支払います。
しかし買取であれば、仲介手数料がかかりません。
なお売却金額ごとの仲介手数料は、上限が以下のように定められています。

  • 200万円以下の部分:売却金額×5%+消費税
  • 200万円超400万円以下の部分:売却金額×4%+消費税
  • 400万円超の部分:売却金額×3%+消費税

このほか売主の希望により実施した特別な広告など、実費が発生することもあります。
買取であれば、このような費用もかからないのが特徴です。

契約不適合責任を問われない

不動産売却における契約不適合責任とは、物件に何らかの不具合や欠陥があったとき、売主が買主に対して負う責任のことです。
契約の内容に適合しない目的物を引き渡したとき、売主がどのような責任を負うのかを定めています。
たとえば引き渡し後に雨漏りなどの欠陥が判明した場合、売買契約書にその旨を記載していなければ、売主は修繕費を負担するなどの対応をしなければなりません。
中古の不動産である以上、売主がどんなに注意を払っていても気が付かない不具合が生じている可能性もあるでしょう。
しかし宅地建物取引業者である不動産会社が買い取る場合、売主の契約不適合責任は免責とするのが一般的です。
売却後に別途で費用を請求されることがないのも、契約不適合責任を問われる仲介との違いと言えるでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産買取に向いている物件と良い業者を見分けるポイントとは

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で買取を利用するデメリットとは?

不動産売却で買取を利用するデメリットとは?

買取と仲介の間には、売却価格や取引条件に違いがあります。
そのため希望する取引条件や物件の種類によっては、仲介よりも買取のほうが不利になるケースもあるでしょう。
そこで、買取のデメリットとはどのようなものがあるのか確認していきましょう。

周辺の取引相場よりも安い買取価格になる

仲介による売却価格は、周辺の取引相場に近い金額となります。
しかし不動産会社の買取では、相場よりも安くなることが多いのがデメリットです。
不動産会社は買い取った物件を、リフォームやリノベーションをおこなったうえで再販売することを目的としています。
リフォームやリノベーション工事を前提としているため、その分だけ買取価格も安くなります。
物件によっても異なりますが、相場と比較して3割程度安くなることが多いようです。
それでも築年数の経過した物件のように買い手が見つかりにくい物件では、価格が安くなったとしても買取を利用したほうが良いでしょう。
一方で立地条件の良い物件や、築浅の物件などの場合は、仲介のほうが高く売れるかもしれません。

買取できない物件もある

買取できる物件の条件は、不動産会社ごとに違いがあります。
買取が難しい物件には、おもに以下の例が挙げられます。

  • 不動産会社が定めるエリア外に位置している
  • リフォームやリノベーションも困難なほど老朽化している
  • 再建築不可物件(接道義務を満たしていないなど)

また買取保証についても、すべての物件を保証してくれるわけではありません。
そもそも買取自体をおこなっていない不動産会社も多いため、価格査定を依頼する際に買取の可否について確認するのがおすすめです。

こちらの記事も読まれています|不動産買取に向いている物件と良い業者を見分けるポイントとは

まとめ

不動産を売却するなら知っておきたい、買取とはどのような仕組みなのかご紹介しました。
仲介では売却が難しい物件でも、買取であれば不動産売却が可能なものもあります。
そこで信頼できる不動産会社に相談しながら、仲介による売却や買取を進めていきましょう。
徳丸住宅販売では、板橋区、北区で価格査定依頼を受け付けております。
買取をご希望の方はもちろんのこと、仲介と迷っている方もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-981-101

営業時間
9:30 ~ 19:00
定休日
毎週火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ